最適かつ効率的な業務環境のために

Webasto ヒーターは、野外の極温でも効率的な稼働状態を維持し、乗務員がすぐに運転できる状態を提供します。Webastoは 様々な要求される仕様と暖房機能に対応できるエアシステム、およびウォーターシステム向けのアプリケーションを含めた、2種類のパーキングヒーターを開発および生産し、世界のマーケットをリードしています。
両システムとも、野外の極温でも効率的な稼働環境および最適な車内温度を提供します。これにより、エンジンアイドリング時間の短縮にもつながります。

なぜ、温水ヒーターを使用するのですか?

エンジンが冷えていると、稼働の効率は低下します。磨耗が増え、使用可能な寿命も短縮されます。つまり、より燃費が悪くコスト高となるのです。ここで考えられる最適なソリューションこそ、Webasto 温水ヒーターの設置です。

エンジン冷媒回路に取り付けられ、走行前に、エンジンを稼働温度まで暖房します。これで、外気温が低い状態でも、エンジンを起動できます。また、運転席も快適に予熱されます。停止中および休憩中における燃料消費の多いアイドリングも不要になります!

出力範囲 2.2 から最大 35 kW までのWebasto 温水ヒーターがそろっています。

なぜエアヒーターを使用するのか?

休憩および夜間利用でも、運転席は快適な暖かさ。稼働がはじまる前でも快適な暖かさ、着氷や着雪がなく視界が良好な運転席 – しかも設置および取扱いも簡単です。エアヒーターで車両はより快適かつ高効率、費用対効果も上がり、冬場にも適しています!

エアヒーターはヒーターで直接空気を暖め、キャビンに送ります。Air Top エアヒーターは、運転席および車内の速やかで経済的な暖房に対応しており、貨物部分の温度調整向けに設計されています。

Webasto エアヒーターの出力範囲は 0.9 ~ 22 kW です。

ダウンロード

お問い合わせ

ベバストサーモアンドコンフォートジャパン株式会社
〒222-0033   神奈川県横浜市港北区新横浜 3-19-5   新横浜第二センタービル8階

メール: info.wtjp@webasto.com